本文へスキップ

四万十市竹島出身・郷土の偉人

TEL. 0880-33-0247

〒787-0155 高知県四万十市下田2211 若草園内

経過報告

四万十市竹島出身の福祉事業家『佐竹音次郎』につきましては、2014年5月24日講演会を竹島小学校で開催したところ、320人余りの参加者を得て、盛会となりました。しかし、そのアンケート結果を見ますとまだまだ認知度が低い状況も見えてきました。実行委員会ではこれから更なる佐竹音次郎の顕彰活動が必要であることを痛感いたしました。

その後名称を「保育の父・佐竹音次郎に学ぶ会」として、いよいよ発足する運びになりました。

佐竹音次郎の生誕151年にあたる2015年5月10日に設立総会と記念講演会を開催できることは私たちにとっても喜びです。福祉の中心的思想を築いた人物、とりわけ、当時は孤児と呼ばれていた子どもたちを、日本で初めて「保育する」と発想の転換をして、愛情を注いで育てることを提唱したのが佐竹音次郎です。

高知県下に目を向けますと昨年12月にも児童虐待死事件が発生し、児童福祉を取り巻く環境はまだまだ社会的には未整備と言えるのではないでしょうか。音次郎が目指した福祉の原点という視点は、今後ますます重要になると考えております。

この会を通して、音次郎が提唱した福祉の源流に学んでいきたいと思います。


2012(H24)年 
社会福祉法人栄光会若草園創立55年記念事業にて児童福祉の先人・佐竹音次郎に学ぶことを提案

2014(H26)年5月 
音次郎の生誕地にて創立55年記念継続的研修事業の一環として「保育の父・佐竹音次郎にまなぶ講演会」を開催
(320名余り参加)

2014(H26)年8月 
四万十市長、教育長を訪問し今後の顕彰事業について協力を要請する(先方3名・当方3名)

2014(H26)年8月 
竹島小学校にて「音次郎講演会を振り返る会」を開催。アンケート結果を踏まえた上で音次郎を顕彰する会の準備会が発足(後に名称を「保育の父・佐竹音次郎に学ぶ会準備会」と改める(31名参加 )

ひきつづき、第1回準備会開催(12名参加)


準備会役員

会 長:山ア祥正
副会長:西内育二朗 中平菊美
委 員:小椋茂昭 福留久美 宮村忠道 渥美武男 田中全
陪席者:生涯学習課長 福祉事務所長 高知大学特任講師
事務局:瀬戸雅弘



2014(H26)年10月 
第2回準備会開催(12名参加)

2014(H26)年11月 
第3回準備会開催(8名参加)

2015(H27)年1月7日 
四万十市長、教育長を訪問し会の運営について協力を要請する(先方4名・当方6名)

2015(H27)年1月21日 
準備会事前三役会を行う(山ア会長、西内・中平副会長、福留、瀬戸)

2015(H27)年2月20日 
準備会事前三役会を行う(山ア、西内、中平、小椋、福留、瀬戸)

2015(H27)年3月 5日 
第4回準備会開催(10名と高知新聞幡多支社長も陪席)

2015(H27)年4月 1日 
四万十市広報に音次郎の記事を掲載

2015(H27)年4月 5日 
高知西南地域の情報紙はたも〜らに音次郎の記事を掲載

2015(H27)年4月20日 
準備会事前三役会を行う(山ア、西内、中平、小椋、福留、瀬戸)

2015(H27)年4月27日
 
第5回準備会開催(6名と高知新聞社記者も陪席)

2015(H27)年5月 1日 
四万十市全戸に音次郎会のチラシを配布(区長会経由)

2015(H27)年5月 8日 
総会準備を行う(山ア、中平、小椋、福留、渥美、瀬戸)
■トップページ■

事務局

四万十市立中央公民館内
「保育の父・佐竹音次郎に
 学ぶ会」

連絡先

〒787-0155
高知県四万十市下田2211
若草園内

TEL 0880-33-0247